鮎の釣れる佐波川は、山口県中央を島根県境三ヶ峰を源流に徳地を循り、防府市街地や田畑を清らな水で潤し瀬戸内まで注いでいます。

24年度天然鮎増殖へ取り組み

24年度天然鮎増殖へ漁協の取り組み

佐波川は今 綺麗な川、魚の釣れる川になるように目指しています。

~川遊びに興じる子供たちにも遊漁者にも喜んで頂ける川造り~


鮎の産卵光景を動画で見る

ユーチューブに 1223TEPPEIさんが投稿された
佐波川鮎の産卵光景を見ることができます。
画像をクリックで動画再生

鮎の産卵
※ 佐波川の産卵光景や産卵状態の観察が出来ると良いのですが、
機材やスタッフの協力者を募集してま~す。

平成24年3月15日 鮎増殖取組み 第五期 佐波川かけ堰下流域の整備お知らせ

平成21年7月21日の集中豪雨の大洪水により土砂が大量に堆積した場所です。

峪堰(かけいぜ)下流 漁場整備

遡上するあろう鮎の左岸側魚道に前に塞がるように堆積した土砂を取り除き、水の流れを復活させました。
写真でも分かるようにようやく流れている様な状態です。
      もっと流れる様にしたい所ですが、今回はココまでです。
峪堰の左岸側魚道の土砂撤去


大量の土砂除去には程遠いですが、少しでも河川の漁場復旧に努めています。
佐波川峪堰下流の漁場整備中 かけ堰下流合流点 かけ堰下流合流点、土砂取り除き
                    -----------右側の写真は川底を掘上げたの土砂です。この後整地します。



和田峪(わだかけ)の瀬付近を漁場整備

鮎は流れを好む習性から、大量に流れ込んだ土石を有効利用して、川の流れを石で変化を付けて、瀬やトロ場を造り込みました。
左側の写真は河原の大石を組んで川幅に変化を持たせたりして、水流にも変化を与え早くしました。
元の茶畑付近の和田峪(わだかけ)の瀬 元の茶畑付近和田峪を下流から観る
                  ------------------右側の写真-その川下には、トロ場の鮎休息場も出来て泳がせ釣りが好きな方も楽しめるでしょうし、子供たちも安心て川遊びが出来ます。



金波堰あと

此処も嘗てから有数の良い漁場でした。
この度は、去年の瀬をより更に変化が大きく成るように大石を掘り出し並べました、大瀬となりました。
金波堰後に大瀬

  • ここは、従来から流れも速く釣るに、申し分のない醍醐味を十二分に味わうことの出来る場所となっています。
    増水期には大鮎も良く釣れます。今年は是非急瀬の竿など用意されてトライ下さいませ。

平成24年3月8日 鮎増殖取組み 第四期 佐波川新幹線下流域の整備 お知らせ

新幹線橋耐震補強工事

新幹線橋の耐震工事がただいま行われて居るところです。
今年度は四月末までに橋脚2本の補強に留め、又来年度に残り2本の橋脚の補強をする予定になってます。
佐波川に架かる新幹線橋耐震補強工事



新幹線橋耐震補強工事に合わせて鮎の餌藻場兼漁場復活を目指して整備

此処はかつては大鮎や数も釣れて良い漁場でした。
それが何時しか釣れなくなって来てしまいました。
その原因を究明するに、
新幹線橋、高速道路橋、国道二号線橋を支える柱が乱立して流速を緩め土砂が堆積する要因となりました。
お陰様にて、その堆積した土砂に
雑草は茂り、川底も埋まり、漁場も狭まって仕舞い 近年はさっぱり釣れない漁場となりました。
其処で、昔のように釣れる場所にと その当時の経験者陣の記憶を辿り 限られた予算の中で再現復活に奔走してます。
佐波川新幹線橋下流域の餌藻場整備
川水の流速を妨げて居た土砂や葦を取り除き、
川幅を広げ、
且つ 水深も掘り下げて、其れによって大石が表面に現れてましたので鮎の餌藻場も元の様に回復しました。
又漁師が葦などで妨げられて 釣りを楽しめなかった所でも有りましたが進入路も確保しました。





鮎増殖へ取り組み 第三期 佐波川なかつかはし流域の整備

なかつか橋

その昔なかつかはしの一帯は鮎の良く釣れた処でした。
この近年は鮎の住みにくい場所になったのでしょう。
漁獲の報告が無くなりました。其処で昔の餌藻場の環境を戻そうと取り組んでおります。
※改善の方法 重機による除草、雑木の撤去及び土や砂を川水際から除去搬出


なかつか橋上流域の改善

改良後の写真が左側ですが、釣り人も入りやすくなりました。
餌藻場&漁場改善後のなかつか橋上流域を望む 改善前のなかつか橋上流域  ---------------右側の写真が去年までの様子ですが、とても人が立ち入れる様子では有りません。

なかつか橋下流域の改善

餌藻場&漁場改善後改善後のなかつか橋下流域を望む餌藻場&漁場改善後のなかつか橋下流(御坂神社付近)を望む改善前のなかつ橋下流域(御坂の瀬)
洪水時の水の流れを妨げる土砂や雑草を取り除くと同時に、
河川敷でも子供達が安全に遊べるようになりました。
又、この作業により鮎の餌藻場も広がり、鮎の生育にも寄与し漁場としても期待出来ると信じております。





鮎増殖へ取り組み 第二期 佐波川佐野堰上流域の整備

佐波川佐野堰上流域を漁場整備清掃

河川にはビニールや流木、家庭ゴミなどの大量に流入しています。
全部除去とまでは行きませんが 川魚の事を想い、
少しでも自然環境に戻す様に作業しています。
産卵場整地事業は経費も掛かりますが関連企業様のご協力により推し進めるている処です。

佐波川佐野堰川上産卵場整備&ゴミ除去

この度新しく産卵場が整備されることで、

漁場と今年の産卵場不足も解消につながるものと思います。

この事業を行う事で来年以降の
鮎自然遡上が増えることを漁協も期待し願っています。

佐波川佐野堰川上産卵場整備

ゴミ等除去後は餌藻場(珪藻)としても、
今年度に鮎が居着くであろうと期待して、漁場の拡張も併せて行っています。



完成間際の写真です。
上流のトロの深場、下流に堰で出来た貯水胡が有りその中間にこの早瀬、恵まれた良い漁場です。

佐波川産卵場及び餌苔食場整備





平成23年09月12日 鮎増殖へ取り組み 第一期 佐波川大崎産卵場整備

  • 佐波川佐野堰下流域で鮎の産卵場整備。
    産卵場整備立会人吉井氏


    提案を持って天然鮎の遡上増殖の為に獅子奮迅、産卵場整備に立会い 懸命な奉仕活動をする吉井氏


    佐波川に天然遡上鮎を求める太公望に応える様するには幾つ(何カ所)もの産卵場所も必要です。


    その為のアユの産卵環境を整えるには大勢の佐波川漁組合員の協力も必要不可欠になって来ました。

    産卵場整備

  • 平成23年09月12日、佐野堰下流で重機に依る産卵場作りが始まる。
    • 今年も例年通り親魚の婚姻色、雄雌とも何時でも産卵できる状況である。
    • この整備は産卵の為に鮎の尾びれで掘りやすく、その行為を手助けするために行うもので小石を表面出して川底を柔らかくしてます。
    • この後に大石等を除き小石や小砂利などを敷き詰める作業も必要なのですが、残念ですが人手が足りません。





川鵜対策は!



佐波川新大崎橋工事始まる

  • 新大崎橋基礎工事着工 2012/02/01

    新大崎橋の基礎工事足堅め

  • 新大崎橋基礎工事着工前原調打ち合わせ (2011/10/11立ち会い) 
    この工事を始めるに当たり漁協の方から、橋脚河床の改善や提案と作業工程中の要望や注意点などを要請した。

    佐波川大崎橋にて立会打ち合わせ

新しく大崎橋が出来るに当たって、
県土木課より工事進捗工程や工法の説明を受けて、漁協からの要請も了承となった。
詳細なことは漁協報告書でご覧下さい。


a:1972 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional